会社沿革

会社沿革

昭和22年 5月 1日
八房製作所創業(大阪市福島区)
代表 坂東正治
昭和26年 3月 7日
(株)八房工業所設立
資本金 200万円
代表取締役に坂東正治就任
昭和40年 5月
八房工業(株)に商号変更
業界初のコイル自動切断機を設置
日本初のスマクナ工法技術導入し施工
昭和41年11月
関西送風機(株)を吸収合併
資本金を500万円に増資
尼崎工場を開設
昭和42年 2月
平野工場を開設
昭和43年 5月岡山営業所を開設
昭和45年 3月資本金を2,500万円に増資
昭和45年 6月広島営業所を開設
昭和45年 9月大物工場を開設
昭和46年 5月ヤブサ工業(株)に商号変更
昭和47年 2月横浜営業所を開設
昭和50年 1月広島営業所を支店に変更
昭和50年 3月資本金を4,800万円に増資
昭和50年 4月門真工場を開設
昭和52年 9月
本社を大物工場に移設
ヤブサ空調機材(株)を設立
岡山ヤブサ(株)を設立
広島ヤブサ(株)を設立
昭和54年 3月
代表取締役に 山中武信就任
昭和58年 2月TDC成型機導入
昭和59年12月ヴァルカン2400(プラズマ切断機)導入
昭和62年 2月定尺直管自動生産ライン導入
昭和63年 3月
スパイラルダクト成型機導入
ヴァルカン1800導入
平成 2年 7月
大阪本部事務所開設
ワイヤーフレキシブルダクト成型機導入
平成 3年 7月
(株)ヤブサダイナミックスを設立(工事部門)
グラスロンダクト製造機導入
平成 4年 4月ダクトシーム溶接機導入
平成 5年 3月
(株)ヤブサ空調システムズを設立
     3月CAD、CAM対応プラズマ自動切断機導入
     4月
ヤブサ工業(株)代表取締役に 一宮吾郎就任
平成 6年12月大阪本部を閉鎖し、上記2社を大物本社に移設
平成10年 2月
(株)ヤブサダイナミックスを吸収合併し(株)ヤブサダイナミックスに商号変更
(株)ヤブサダイナミックス 代表取締役に 一宮吾郎就任
平成14年11月内田清一 勲六等瑞宝章を叙勲
平成16年 9月コマツダクト加工機導入
平成17年12月
ヤブサ空調機材(株)宝塚市に移転
平成18年 2月スピンハゼ加工機並びにZリブ加工機導入
平成23年 4月
代表取締役を2名に
代表取締役会長に 一宮吾郎就任
代表取締役社長に 森 靖洋就任
平成25年 3月YSD用 三重折特殊成型機導入

株式会社
ヤブサダイナミックス
〒660-0826
兵庫県尼崎市北城内51
TEL.06-6401-5671
FAX.06-6481-6664

──────────────────
・空調換気排煙ダクト工事の

 設計及び施工
・空調換気排煙用機械器具の製造販売
──────────────────
兵庫県知事 許可(般-24)第215303号
・管工事業
・板金工事業